ブックオフ伊予三島店 中佐古 朋希

 


中佐古 朋希
リユース事業部
ブックオフ伊予三島店 店長
2015年入社 徳島文理大学  文学部 日本文学科卒

入社動機を教えてください。

実家の近所にブックオフがあったので、小学生の頃からブックオフの常連でした。いつの間にか四国のブックオフ巡りをするようになっており、いざ就職を決めるとなったタイミングで「私にはブックオフしかない!だってあんなにお世話になったもの!これが私の運命だ!」と考えて地元のブックオフを調べてみると、ありがとうサービスという会社でした。会社のパンフレットの社長メッセージで 「人には使命というものがあります」と書かれていて、「ブックオフで働くのが私の運命!」と思っていた私は「この会社に招かれているのでは?」と思ったのが入社動機です!

やっている仕事の内容は?

ブックオフでは基本の業務で買取、加工、補充、販売があります(本を売っていただいて、別のお客様に販売できるように埃をふき取ったり袋詰めしたりして、本棚に入れて、本棚からお客様が持ってこられたものを販売する、という流れです)。それ以外にも、お客様に快適に過ごしていただくために掃除は欠かせません。不定期ですが、イベントコーナーが変わるので、その手伝いをしながらお客様が来店して楽しいお店づくりを学んでます!

仕事のやりがい、面白さは?

PAさんと協力して目標を達成した時は嬉しいです。日々のことで言えば、時間ごとに決めた予算を達成した時や、期日までにやると決めた箇所の掃除が終わるなど、「これ、どうやったら終わるの?」と思うことを協力してこなしていくのはやりがいがありますし、何より楽しいです。

自分の成長につながった出来事は?

初出勤で上司と一緒に企業説明会に参加させてもらったことです。人前で会社について話すという経験は、上手く行かないこともある反面、「次はどうやってみようか?」を考える楽しさを学べた一つの機会でした。また、内定者研修でも社会人としてのマナーや、人と協力するという学生から社会人になるうえで必要なことを学ばせて頂きました。

休日の過ごし方は?

基本的に自宅にはいません。映画を観たり、買い物をしたり、と外出していることがほとんどです。月に2回くらいは本を読んで自宅で落ち着いていることもありますが、じっとしていられないので一日に1回は理由を作って外に出ます(笑)

今後の夢、目標は?

来年(2016年)のうちに実家の近くのブックオフの店長になります!

ありがとうサービスを受ける就活生へ一言!

これから社会人になると、これまでになかったような経験、人、気付き、感動に出会えます。私がこの会社の内定が決まって一番最初に嬉しいと思ったのは個性的な同期たちと出会えたことです。就活中の皆さんにも、自分で良い出会い、経験になったと思えるような会社選びをしてほしいと思います!

新たな仲間を募集しています。

indeedで求人情報を確認