社長メッセージ

毎日社員に対して発信しているメッセージを抜粋して掲載しています。

違い

2018/09/13

多様性を認めることで、
多くのストレスはなくなるでしょう。
お互いに違うこと、いろんな考え方や
とらえ方があること、
それらを比較するのではなく包み込む。
それが多様性を認めるということでしょう。

比較すると優劣や勝ち負けという
軸が出てきます。
それがストレスの源になるのでしょう。

個人としても企業、国としても大切ですね。

多様性があり、かつお互いの関係性も
否定できない時代になっています。

関係性があるからこそ、
否定せず違いを認める。
そして、人としての知恵を働かせる
必要性が高まっている今の時代です。

させてもらう

2018/09/10

してあげていると思うと、
見返りを期待します。
させてもらっていると思うと、
感謝できます。

ボランティア活動をやっている人で
「私もやっているのだから、あなたも
やればどうですか」という人がいます。

してあげている、と思っているのでしょう。
そう思うと、こうしてほしい、
という思いも出てきます。
相手に対しても、まわりに対しても。

気をつけたいと思いますね。

世の中のためと思い、
やっている事があるならば、
それはやってあげているのではなく
やらせてもらっているのです。

便利

2018/09/07

便利になることで失うものもあります。
わざわざ会わなくても伝えることが
できるようになったので、会う機会が減る。
ロボットが運んでくれるので
身体を使う必要がなくなる。

空調が効いているので、温度差に身体が
対応しなくなるかもしれませんね。

世の中は、これからも便利に
なっていくでしょう。
そういうサイクルで経済そのものが
まわっています。

その中で失うもの、失うかもしれないものを
自覚すること。それが大切です。

経済という言葉の外にあるものを
頭に思い浮かべながら。

Past Message