素直に

間違うことは、あります。
それに気づいたら、
まず素直にごめんなさいと言う。

それを言わないと、つぎには進めません。
それを言わずに、つぎに進んではいけません。

ここは、とても重要なところです。

自分の間違いをムリに正当化しようとする姿は
美しくないですよ。
部下のいる者が
そんな姿を見せてはいけませんね。

潔く、ごめんなさいと言いましょう。
肩書きなど関係ないからね。

間違ったことをしたら、
ごめんなさいと言う。

小さな子どももわかることです。

新たな仲間を募集しています。

indeedで求人情報を確認