カンボジアでの話 その1

もったいないワールドの現地従業員20名の
人たちに次のような話をしました。

地球上で物を上に投げると、いずれ落ちてくる。
これは重力があるから。
このように、いくつかの法則がある。
それを知ったうえで経営していこう。
1つ目は原因と結果の法則。
したことは原因となり
それに似合った結果を生む。
いいことをすればいいことが起き、
悪いことをすればそれなりのことにつながる。
それがわかりにくいのは
時間がかかる場合が多いからだ。

いい人生にしたいならば、
よきことを積み重ねていこう。
人に喜んでもらうことをしよう。
人とはお客様であり、チームの仲間のことだ。
そして家族だ。

経営理念の「世のため人のため」は
自分のよき人生にもつながるのだ。

皆さんメモを取りながら真剣に聞いてくれました。

新たな仲間を募集しています。

indeedで求人情報を確認