時間がない
究極の言いわけは「時間がない」です。
これを口にしたとたん、
脳が創意工夫を放棄します。
加えて、できない理由を
続々と考えてくれます。

「時間がない」と「忙しい」は
言わないほうがいいですよ。
脳がそれを前提にしてしまいます。

やらないことを決める。
人にお願いできることは、する。

この2つを心がけるだけで
時間を味方にできます。

「時間がない」とは、決して言わない。
と決めるところからスタートしましょう。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
井戸を掘った人
井戸を掘ってくれた人を忘れてはいけない、
と言います。
井戸を掘ってくれた人がいたからこそ
今あたり前のように水が飲める。
私たちも、ブックオフを創業された坂本氏、
ハードオフの山本氏、モスの桜田氏の
おかげで今日があることを
忘れてはいけません。

どこも商品を納品してくれなかった時代に
つきあってくれた問屋さん、
初めての業態をやるときに
チャレンジしてくれた責任者の人。
こういう井戸を掘ってくれた人を
大切にする企業でありたいですね。

目先の損得だけで判断せず、
謙虚な気持ちを持ち続けて。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
責任
任された仕事の目的を正しく理解し
その達成のために全力をつくすこと。

達成できるまで全力で取り組むこと。

やれなかったら、責任をとってやめれば
それで済むわけではありません。

やれるまで、やる。
担当を外されるまで、やる。

外されても次の仕事に、
その分を取り返すつもりで取り組む。

新しい業態、事業、お店を任された人は
やれると思われたからこそ
任命されたのです。

自覚と責任と、そしてプライドを持って
取り組みましょう。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
任せ方
何のためにやるか、
目的をわかりやすく話す。
いつまでにやるか、
期限を具体的に伝える。
やってはいけないこと、
大事にすべきことを伝える。

この3つを伝えて仕事を任せる。

伝えていないと、とんでもない方向に
進む場合があります。
進んでから「彼はわかっていない」と
嘆いてもダメです。
先に伝えておきましょう。

そして、ときどき確認する。

やっていることを見る。進み具合を聞く。
やっている目的を確認する。

この3つのことを理解していれば、
やり方は任せて大丈夫でしょう。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
やりがい
やりがいとは、やったあとに感じるもの。
やっている最中は無我夢中、
あるいはつらいと感じて
やりがいどころではないかもしれません。

やったあとに誰かに喜んでもらえたり、
達成感を感じたりする。

それが、やりがいになるのでしょう。

ならば、やっていないのに
「その仕事はやりがいを感じない」という
言い方は、おかしくなりますね。

人に喜んでもらえたり、役に立つことを考え
仕事に取り組むと、おのずとやりがいは
感じられるでしょう。

目の前のことに全力で取り組みましょう。
やりがいは、その先にあります。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
幸せ
認められること。必要とされること。
ほめられること。

それが幸せ。

その幸せは、仕事を通じて
感じることができます。
それが、やりがいにもなります。

お互いに認めること。
いないと困ることを伝えること。
ありがとうを言うこと。

こういう風土があれば幸せ感があり、
居心地の良い職場になるでしょう。

上司が部下が、ではなく全員が。

足りないところ、できないところだけに
目を向けることなく、
やれていることを見つけていきたいですね。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
笑い
真面目も大事ですが、笑も大切です。
笑えるのは視点を変えることができるから。

「おしょくじけん」と聞いて
お食事券と思う人もいれば、
汚職事件と思う人もいる。
その違いが笑いを生みます。

お金がなくて、どうしようもない時、
本社の隣の銀行が目に入る。
おお、そうだ。世の中に
お金がないのではない。
あそこには、かなりある。
ただ、たまたまわが社に
ないだけだ、と思う。

笑ってしまいますね。

ユーモアのある人は、
視点を変えるのが上手な人です。
ピンチにチャンスを見つけられる人です。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
状況説明
ある先輩から、こう言われた時があります。
「最近、状況説明をあまりしなくなったね。
これからどうするかを話すようになったね。」

やさしく言っていますが、きびしく言うと
「こんなに大変なんだ、
これは自分のせいじゃないんだと
ずっと言っていたけど、
少しはこれからどうするか
考え始めたようだな」となります。

この頃から、同じ努力をしても
結果は少しずつ好転してきました。

状況説明しているつもりが、言い訳を
懸命にしている場合が、よくあります。

時々、聞きますね。
「今、何をしゃべっているの?」と。

言いわけをしている間は、
物事は進みません。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
スペース
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ