つぶれる
企業は同じことを
やっていては、つぶれます。
経営幹部が「これでいい」と
思えば、つぶれます。
スト意識(物の価格を知ろうとする意識)が
うすれると、つぶれます。

新店出店があたり前だと思うと、つぶれます。
あたり前と思うとは、まだ新店準備中なのに
「ここがまずかったので次の新店では
修正しよう」と思うことです。
(今すぐ修正せよ。)

つぶれる芽というものは、
毎日どこかに出てくるものです。
それを毎日つみとる。

より多くの人がその芽を見つけることができ、
つみとることができる。
そういう体質のチームになれば、
つぶれる可能性は少なくなります。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
勉強
何歳になっても勉強し続けよう。
新しいことに興味を持とう。
わからないことは後輩に教えてもらおう。

知っていると思うことは、
何も知らないこと。
知らないことが多いと
思うことは、知っていること。
それを無知の知と言います。

疑うこと、そして素直であること。
勉強する時の大切な要素です。

何でそうなるのか、それは本当に正しいのか。
そういう姿勢でありながらも
人の説明を「なるほど」と聞く素直さも
併せ持つ。

学び続けましょう。より良く生きるために。

老いて学べば死して朽ちず、です。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
知っている
自分に質問すると答えが返ってくる。
答えは自分が知っている。

と言われたら、どう思うでしょうか。

考えても考えても迷ってしまう問題に
直面している人ならば、
「そんなわけない」と感じるでしょう。

だけど、考えるのではなく、
質問するのです。

もうひとりの自分に
素直に問いかけます。
もうひとりの自分に
相談するイメージですね。

やる、やらないを決める時、
答えは自分がわかっています。

自分に静かに聞いてみましょう。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
見える化
“見える化”しましょう。
見える化とは、多くの人が見るつもりが
なくても、見えるようにすることです。

パソコンの中にまとめるのは
見える化とは言いません。

紙に書いて、貼り出す。
古いようですが、一番効果的です。
ホワイトボードでもいいでしょう。

進み具合が見えてしまう。
見えてしまうことで気づくことがあります。
そこからコミュニケーションも始まります。

見たい、見たくない関係なしに
見えてしまうようにする。
そうすることで、考えたい、
考えたくない関係なしに
考えてしまうものです。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
人のせいにしない
メチャクチャがんばって、
自分のことよりみんなのためを思って
やっていることも、
理解されない時があります。

誤解さえ受ける時もある。

そんな時にも「ではどうすれば良いか」と
考える。そもそもの目的が
達成できる方法を考える。

理解されずに誤解されていることが
問題ではなく、そのことにより
目的が達成される可能性が
低くなることがあるならば、
それが問題だから。

何があっても人のせいにせず、
どんな状況になってもベストをつくす。

そういう姿勢がツキを呼びます。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
あせらない
頭の中で組み立てて
「こうすればこうなる」とストーリーが
できても、あわてない。
あせると物事は、うまくいきません。

関係する多くの人にも、
それぞれの思惑があるから。
しかも、それが時間とともに変化するから。

その思惑を普段は
表に出していないほうが多いのです。

総論賛成、各論反対という状況が
発生するのも、それぞれの思惑が
あるからです。

だから、じっくりと話を聞く。話をする。
そういう時間を取らずに進めると
ストーリー上はうまくいくはずのことも
うまくいかないものです。

あせらないように。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
スペース
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ