退屈しない
「忙しい」という言葉を 私たちは「退屈しない」と表現します。

「退屈しない」と やるべきことが絞れます。
今まで やっていたことが じつは やらなくても
いいことだった、と気づきます。
やらないほうがよかったことに 気づいたりもします。

そこに気がつかなければ「忙しく」なり、
やるべきことがやれなくなり、
文字通り心(りっしんべん)が亡くなります。

「退屈しない」と考える必要がなかった事柄、
いわゆる「しょうもないこと」は考えなくなります。

「退屈している」と この逆が起きるわけです。

退屈しないことを楽しみたい。
やることがあること、「やれよ」と言ってくれることに
感謝したいと考えます。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
感謝
何でも練習が大切です。
感謝力をつけるにも練習が必要です。

何があっても ありがとうございます と言う。
上司に注意されたら ありがとうございます、と
まず言ってみる。

一日の終わりに 意識的に感謝できることを考える。
今日一日、感謝できることは何があったか。
感謝する、と決めてからその理由を考えてみる。

こういう練習を積み重ねていくと
感謝力がついていきます。

感謝力がつくと心も安定します。
笑顔も自然に出てきますよ。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
力をつける
力をつけたいと思う人は やってみましょう。
まず、自分の仕事で関係している人たちへ
毎日 メッセージを出すと決める。

内容は、自分の思い、大事にしていること、
伝えたい情報で いいでしょう。
仕事上で 現実に発生したことについての思いでもいいし、
読んだ本の感想でもいい。

毎日 出すと決めると 力はついていきます。

毎日 10年続けると 少しは力がつくでしょう。
続けるためには インプットが必要ですから。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
責任
それは誰の仕事なのか。
それが はっきり決まっているチームは
安定した結果を出せる可能性が高いですね。

新しく入ったAさんに基本業務を教えるのは誰の仕事なのか。

未生産の山をなくすのは誰の仕事なのか。

6ヶ月雇用更新を正しく行うのは、誰の仕事なのか。
それを確かめるのは、誰の仕事なのか。
会社説明会に目標人数を集客するのは、誰の仕事なのか。

いま問題になっていることは、そもそも誰の仕事なのか。
そこを明確にすることが問題解決のひとつのスタートになります。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
腐ったミカン
腐ったミカンがひとつあると、
すぐに取り除かなければ まわりも腐ります。
割れた窓を そのままにしていると
ほかの窓も だんだんと割られていきます。

そのままにしていることは、「それでいいですよ」という
サインになります。

良いことはマネしにくくても
悪いことはマネしやすいのでしょう。

店においては、商品と人が腐っていないか、
割れていないか、つねに注意が必要です。

少しでも放置すると店はつぶれます。
同じようなレベルの商品は人しか来なくなり、
魅力を失い、店はつぶれます。

発券したら即、手打ちましょう。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
コミュニケーション
助けを求めているか、愛情ある言葉を待つとき、
人はコミュニケーションを取ろうとする。

それがコミュニケーションの本質である、と
昔の人は言いました。

説得したり論破するためにコミュニケーションがあるのではなく、
言葉が存在するのではない、ということなのでしょう。

7つの習慣の「理解してから理解される」と同じことですね。

言葉を持つ生物として、言葉を持つがゆえに
コミュニケーションの本質を忘れないようにしたいものです。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
決心
決心すると、できる。

20年くらい前、今治出身の世界的トランぺッター
近藤等則氏と一緒に仕事をしました。
その時の会話です。

「近藤さんが世界で活躍できるようになった
きっかけと理由は何でしょうか」
「高校の時、そうなると決心したことやね」

決心しただけで、そうなれるのか。
答はイエスです。

何となく思うのではなく決心する。
しようと思うのではなく決心する。

決心するとできます。時間はかかっても。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
考える
考えるとは自分に質問することです。
どんな質問をするかで考える方向と内容が決まります。

いい質問をすると いい考えが出てきます。
いい質問とは 次のようなものです。

「そもそも何のために」
「どうやればできるか」
「効果的なやりかたは何だろう」
「相手は何を伝えたいのだろう」
「いつどのように誰がするのだろう」
「自分にできることは何だろう」

こういう質問を自分に投げかけているといい考えが出てきますよ。

まずは質問してみましょう。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
勇気
いろいろなものを失っても、勇気があれば道は開けます。
勇気があれば、時間がかかろうとも
取り戻せるものが多くあります。

お金はもちろん、友情も信頼さえも
戻ってくる可能性はあるでしょう。

勇気を失うことなかれ。

寒い冬に春が来ることを信じること。
一寸先は闇ではなく光と思うこと。
転んだら立ち上がること。
自分の弱いところを認めること。
ごめんなさいと言えること。

勇気さえあれば道は開けます。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
スペース
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ