ならぬことは ならぬ
やってはいけないことは やってはいけない。
そこに 理由は ない。

人のものを 盗んでは いけません。
弱い者いじめを しては いけません。
ウソを ついては いけません。
人を 殺しては いけません。

こういうことは 年齢に 「つ」がつくまでに
教えて おきたいですね。

それが 躾です。 小さい頃の躾は
その人の 財産に なります。

やっては いけないことは やっては いけない。

私たちは いくつに なっても 時として
忘れる 場合が あるようです。

やっては いけないことは やらない。
全員で 再確認しましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
考える
考える時間を しっかり 取りましょう。
問題が 出れば どうすれば 良いか
話し合いましょう。

創意工夫が 仕事を 楽しくするし 効果を
上げてくれます。

できない理由や 原因他人論の 話ではなく
どうすれば 良くなるか 知恵を 出し合う。
そうすると ダラダラと 時間が
過ぎて行くことは ありません。

前向きな 会話は 知恵を 生み出します。

考える時間、 話し合う時間を
定期的に 取っている店は カイゼンも
進むし 活気が 出ますよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
実行
いくら 本を読んで 多くの 知識を 持っても
実行されなければ 世の中の 役に立ちません。
ネットで 役に立ちそうな 情報を たくさん
集めても 実際に やらなければ
意味は あまり ないでしょう。

良いと 思うことは 実行する。
正しく、 効果的に 実行するためにも 勉強する。

セミナーや 研修で 学んだことは 実行しましょう。
知っているのに 実行しないのは 知らないで
実行できていないのより たちが 悪いですよ。

やっていないのに 人を見下したり、 妙に 批判的に
なったり、 人に 迷惑を かけます。

勉強するのは 実行するためです。

実行が 経営です。 そして 人生でしょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
思い
思いは 現実に なる。
だけど 思っているだけでは 現実に なりません。

実行が 必要です。

思いと 実行が 現実を 作り上げます。
何を思い 何を実行しているか、 それが
未来を 作ります。

今、 何をしているか。 こうなりたい、 これを
達成したいとの 思いと ズレは ないか。

個人も 会社も 同じです。

チームで 何かを 達成するには
思いを 共有し 必要なことを やり切る 実行力が
大切です。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
口グセ
口グセは 普段 思っていることが 出ます。
否定的なことを 思っている人は 「でも」 「イヤ」
「だけど」 「むずかしい」 「できない」 という
否定的な 言葉が 口グセに なっています。

過去を引きずっている人は 何かにつけ 過去の出来事の
話が 出ます。

思っていることを 変えるには 口グセを変えるのが
効果的です。

明元素言葉が 口グセになると 積極的な
考え方に変わります。 「おもしろいね」 「できるかも」
「なるほど」 「素晴らしい」 「ありがとう」
そういう 言葉を 口グセに しましょう。

否定的な 言葉は 否定的な 思考を生み
否定的で 消極的な 行動に つながります。

口グセを変えると 行動も 変わりますよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
礼儀
結婚式や パーティーで 誰かが ビールを
つぎに 来てくれた。 そういうときは 必ず
席を立って 受ける。

人が 帰る。 必ず 見送る。 外まで出て
お見送りする。

ホテルに 泊まる。 フトンなら たたんで 出る。
ベッドなら ベッドメイクして 出る。

エレベーターに 乗る。 役職の 高い人から 先に
乗ってもらう。

応接室に入る。 上座はどこか 知っておく。

名刺交換する。 役職の高い人から してもらう。
お茶を出すのも 同じ。

いただき物があれば すぐに礼状を出す。

こういう あたり前の 礼儀を 全員が できる
会社は 品があり、 そして 信頼残高が
増えて いきます。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
勝ち方
勝てば 一方で 負けが あります。
負けると 人は 根に 持ちます。 恨みます。
憎むパワーは 大変 強いものです。
憎まれると ツキも 落ちます。

勝ち方も 上手に。

若いときは どうしても はっきり 勝ちたいから
とどめを さしてしまいます。
そして 憎まれます。

勝ったのか 負けたのか わからないけど
うまくいく。 それが 一番です。

交渉ごと、 議論するとき、 気にして おきましょう。

自分の正しさや 強さを 証明しても 何の役にも
立ちませんから。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
サイン
何かで 迷う。 ど真剣に 考えて 考えて、
それでも 迷う。 どうしたら 良いのか、
神様が いるなら 教えてくれと 思う。

そんなとき、 全く 関係の無いような 出来事で
サインが 出る。 その サインを しっかり
認識できれば 正しい 選択が できるようです。

サインが出る、 という話を 知っているだけで、
出来事の 意味に 気づけますよ。
知らないと、 何で こんなことが 起きるんだと 思うだけで
抱えている 重大な問題と 関連付けることは
ないでしょう。

今まで サインを 見逃し 痛い目に あったし
サインを 読んで ピンチを 切り抜けてきました。

重大な問題で あれば あるほど サインは
でるようですよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
バッドニュース ウェルカム
悪い情報ほど早く報告しましょう。
お金がなくなった 事故に遭った ラッキーコールが発生した
そんな時は まず一報を入れましょう。

「原因を解明してから まとめて」と思うかもしれませんが、
スピードを優先してください。

「上司も忙しいし 手間をかけさせたくない。
できれば自分が解決してから報告しよう」、
「同じ仲間の事だし やってはいけないことだけど
ここは見逃してあげよう」、
そういう気持ちが起きても やはり まずは すぐに報告です。

早く手が打てると 被害も少なくてすむ可能性があります。

バッドニュースこそ 素早く報告。これもチームのルールです。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
きびしさ
練習の質が試合の結果を作ります。
どんな練習をするかも大事ですが、その姿勢が重要です。

練習でシュートミス パスミスをしても「イイヨ、イイヨ」では、
きびしいゲームで 求めるべきところで決めきれないし、
守りきるところで守りきれません。

練習は会議や日々のミーティングに置き換えて考えてみましょう。
どれだけ真剣勝負でやれているでしょうか。
社員セミナーやフォローアップ研修も同じですね。

練習でド真剣にやっていれば 試合でもド真剣にやれます。
練習でやっているスピードや正確さ以上ののものは、
試合では出せないものです。

きびしさを お互いに持ちましょう。
試合で悔しい思いをしたくないのだから。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
スペース
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ