強気
弱気にならない。 守る時も 強い気持ちで
守る。 スポーツでも ビジネスでも
大事です。

結果が 出ない時に 弱気に なると
打つ手を 間違えます。 強い相手に
攻め込まれた時に 弱気になると プレーの
選択が 逃げ腰と なり さらに ゴールを
許すことに なる。

少々の リスクを おかしても 攻めていく 気持ち、
スキあらば 攻めるという 気持ち、
その 勇気を 持ち続けること。

それが チーム全体を 次のステージに 導きます。
今、 手に ないもの、 できていないものを
理由に 歩みを 止めると 現状維持さえ
きびしく なります。

強気で 勇気を 持って 選択する。
そこに 知恵が わいて きます。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
ど真剣に 続ける
誰にも できると 思われていること
それを 誰も できないくらい ど真剣に 続ける。
3年、 5年、 10年と 続ける。
続けると それが 人格にまで なる。

掃除、 あいさつ、 後始末。
読書、 早起き、 お礼のハガキ。
笑顔、 元気な返事、 明元素言葉。

今の 自分の 仕事では どんな事があるか
考えてみましょう。 誰にも できる 大事なこと、
だけど やっている人、 続けているひとが 少ない
そんな事を ど真剣に やり続ける。

チームにとって 必要とされる人に なりますよ。
そして、 自ら 光を放つ人に なるでしょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
メモを取る
わからなくても メモを取る。 人の話は メモを取り
ながら 聞く。 思いついたことは すぐに
その時 その場で メモを 取る。

小さな メモ帳や フセンなど 常に持っておく。

アイディアは 浮かんでは すぐに 消えるものです。
その時に つかまえないと 逃げてしまいます。
人の話を メモをとりつつ 聞く姿勢、 そこからは、 相手への
尊重を 感じます。
メモに 残していると 間違い、 カン違いが 少なく
なります。

部下の報告も メモを とる。 お客様の声も メモをとる。
耳が痛いことも メモをとる。

メモグセを 身につけましょう。 情報も集まりやすくなり
仕事の質が あがりますよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
能力は 青天井
今の 能力で やれることしか やらないと その能力も
低下して しまいます。
自分の能力は こんなものだと 見切って しまえば
そこで 能力は とまります。

潜在能力を 信じたいですね。
まだ 開発していない力が 眠っている、 どんな人にも。

人の能力は 青天井だと 思えるか、 どうか。
それが 店長やリーダーの 力の差に なります。

適材適所、 得手、不得手 というものは ある。
だけど 何か、 使われていない能力が まだまだ
ある、 そう 思える 店長や リーダーの下では
人が 育ちます。

人の 能力は 青天井ですよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
原因自分論
役職が つくほど 原因自分論で 考えるのは
むずかしく なるようです。
原因他人論にできる 要因が 増えるし
言ってることが 原因他人論ですねと
注意してくれる人が いなくなるからでしょう。

もちろん その一番は トップです。

だからこそ 毎日の 反省と 素直な心が
大切に なります。

座標軸シートに書いてある 内容に基づいて
毎日の言動を 振り返る。
素直な心で 人の言うことを聞き、 現実を
見る。 そして 判断する。

人のせいに しない。
自分に出来ることを 考える。

この 当たり前のことが 原因自分論です。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
うまくいかない時
どんなに 努力しても うまくいかないと 思ったら
「利他の心」と 「愛と感謝の法則」に
そっているか 振り返ってみましょう。

「利他の心」とは 自分の都合を 優先しすぎないこと、
思いやりを持って 接すること、 相手の気持ちを
考えること。

「愛と感謝の法則」とは 与え 受け入れること。
与えるとは ベストをつくすこと。 小さなことにも
手を 抜かないこと。 受け入れるとは
何に 対しても 感謝の気持ちを 持つこと。
それが できるように 考えること。

こうして 振り返ると 全ては 自分の
心の あり様に 足りないところが あったと
気づくでしょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
ビジョン
多くの人には 見えないが 自分には 見える。
それが 現実のものに なると 多くの人が
喜ぶ。 困っている人が 助かる。

それは ほとんど 不可能だと 思われる。
それには 多くの人の 協力と 支援が いる。

それに 必要なものは 勇気、 行動、 情熱
あきらめない心。

それが ビジョン。

リーダーには ビジョンが 必要。 それは
誰かに 与えられるものでは なく 内から
わき出てくるもの。

こんなチームに したい。 こんな店にしたい。
こんなモノを つくりたい。 それが ビジョン。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
失敗
失敗を 恐れては いけない。
人生で 一番の失敗は 何かをして
うまく いかないことでは なく 失敗を恐れて
何も しないことである。

失敗の数は 成功の数に 比例している。

失敗から 何も学ばないとき、 本当の失敗になる。

失敗とは 上手く行かない方法が わかっただけである。

勇気を持って チャレンジし 失敗しよう。
原因自分論で 振り返り 同じ 失敗を しないこと。
それが 成長プロセスです。

失敗を避けて 同じことだけ 続ける風土に
なったとき、 会社は 倒産にむかって
いるのです。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
スペース
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ