明けまして おめでとう
今年は コミュニケーションを テーマに します。
我々の グループの 創業は 1941年、 75年前です。
今治デパートに リユース事業が あったことすら
知らない人も 増えています。

歴史を 重ね、 働く人の年代も 広がり、 エリアも
海外まで 広がりました。 業種 業態も 多岐に
わたります。

だけど 大事にしたいこと、 目指す姿は 同じです。
それを 共有するには コミュニケーションが
とても 重要に なります。

社長は 取締役や 幹部に 語り、 それが 店長へ
従業員さんへと つながっていく。

そのための コミュニケーション。

今年の テーマは コミュニケーションです。

思いを ビジョンを 目標を 語りましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
で、どうするか
ゲームは 常に 進行中です。 サッカーなら
自殺点を 入れてしまう 時も あるし、 相手に
ペナルティーキックを 与えてしまう 時も ある。
その時に どうするのか。
いつまでも 下を向き、 仲間に 自分の責任だ、
申し訳ないと 謝っているのか。

大切なのは 失敗を 取り返すこと。
事態を より 良くすること。
そのために 自分に 何が できるかを考え
すぐに 動き出すこと。

それが 責任を 取る ということです。
それが プロの 姿勢 です。

失敗は あるし 力不足が 露呈することもある。
大切なのは、 「で、どうするか」 です。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
逃げない
事実から 逃げない。 予測されることから
逃げない。 考えることから 逃げない。
ややこしいことから 逃げない。

受けて 立つ。 その姿勢が 大事です。

たとえば 売上や利益予測。
このままだと どうなるか 予測する。 目標との
ギャップを はっきり 自覚する。 そして
どうやって それを 縮めていくか 考え抜く。

たとえば 多くの人に 協力してもらわなければ
開催できない 企画。 現状を 冷静に 見る。
そして ややこしいことでも 動くべき ところは 動く。
やってくれるだろう、 では なく。

逃げない 姿勢で 事に 臨めば 多くのことは
道が 開けます。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
波乱万丈
平凡な 人生を 送りたい、 と思っても 送れない。
みんな 波乱万丈の 人生を 送ることに なっているから。
何事も なかったような 顔をしている人も
話を 聞くと いろんな事が あるものです。

波乱万丈、 いろんな出来事 ウェルカム。 そこから
学んでいくのが 人生 だから どんな出来事も
楽しむしかない、 と思います。

今は 楽しむどころじゃない と思うときも あるでしょう。
そういう時でも いつか これが 肥やしになって
きれいな花が 咲くのだ と思う。

自分だけに つらいことが 起きる、 とは思わない。
今の自分に 必要だから 起きるんだ と思う。
そして それは
自分に、 解決できるから 起きるんだ、 とも
思いたいですね。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
やめる、捨てる
整理整頓が できない人は 捨てるのが ヘタです。
いろんな 物が たまるから 片づかない。
だから どんどん 捨てる。 あるいは オフハウスへ
持っていく。

時間が 足りない と言う人は いろんな事を やりすぎです。
やらないことを 決める。
すると 時間は できて 重要なことが できます。
テレビを 見る時間や ネットで いろんなページを
見る 時間を 他に あてるだけで ずいぶん
違ってくると 思いますよ。

やめるもの、 捨てるもの。 何が あるか、
考えて みましょう。 本当に 大切なものが
見えてきます。 豊かな 気持ちに
なって いきますよ。
そして、
やめる、 捨てる は 利益を出す キーワードでも
あります。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
始まり
営業は 断られた時が スタートと 言います。
もう ダメだ と思ったときが 仕事の 始まりと
稲盛さんは 言っています。

大義が あれば あきらめず 思い続け
タイミング と 流れが 来るまで 準備を
し続けることで 事 は 成る。
そう 思います。

だから 終わりが 始まり。
終わった と思われる 状況に なっても
実は そこが 新しい動きの 始まり。

窮すれば 変ず、 変ずれば 通ず。
一度 行くところまで 行けば 流れは 変わる。

私心なく 大義あることならば あきらめないこと、
それが 大事です。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
続ける力
日報を 毎日 書く。 それを 続けられる人は
多く ありません。 それほど 何かを 続けるには
力が 必要です。

大切なことは 完璧に 毎日 続けるより、
とりあえず 毎日 続けることからの スタートです。

日報の 内容は 今ひとつ 物足りなくても
とにかく 何かを 書く。 毎日 続けているんだという
現実を つくる。
毎日 本を 読む と決めたら 1ページでも、 5行でも
とにかく 読む。

毎日 続けていると 質も 上がります。
今日のメッセージは あまり いいモノじゃないから
やめておこう と思えば 続いては いないでしょう。

毎日 続ける クセが 身につくと 目的達成能力が
上がりますよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
ブレーキ
自分で ブレーキを かけない。
5人の 採用予定だけど 応募者が 来過ぎると
困るから、 打つ手は これぐらいに しておこう。
会場は 100人だから オーバーしても 困るので
告知は これぐらいで いいだろう。

そういう 思いで 企画し 実行すると
3人しか 採用できないし 80人しか 来場しない、
という 結果に なります。

アクセルを 踏んで 打てる手は 打つ。
それぐらいの 気持ちの方が 結果 うまく行きます。

人を 集める という事は 思っているほど
簡単では ありません。
集客を 考える時、 自分で ブレーキを
踏まないように。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
何で 出来ているか
人間は 食べる物と 考えているモノで
出来ています。 なりたい 状態が あるなら
そうなれる 食べ物を 選び、 そういう 状態に
ふさわしい 考え方を する。

今の 自分は 今まで 食べてきた物と
考えてきたコトで 出来ています。
これからの 自分は 今から 食べる物と
考えるコトで 造られて いきます。

そして 食べる物(あるいは 食べない物)も
考えるコトも 自分で 選択できます。

勉強して いい選択を したいですね。
お金が あるなしは この 選択に 大きな
影響は ありません。

勉強し 練習し 強い意思を 持つことが
大切です。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
スペース
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ