可能性
今できていないことを嘆く 必要は ありません。
今できていないことが たくさんあるなら
今から やれば どんどん 今より 良くなります。

どうやれば できるかを 考え 実行する
うまく いかなければ 別の方法で やってみる。
その くりかえしです。

他社は どうだ とか 他社に 比べて
うちは ここが 劣っているとか、 クドクド
言う時間が あるなら マネしたら良い。
できる様に 考えれば 良い。

今、 私たちは できていないこと たくさん
あります。 大きな可能性が 拡がっています。
個人も 会社も。

あれができない、 これが 人より劣っている、と
泣き事ばかり 言うんじゃない。

やれるように 努力しよう。 可能性 信じよう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
座標軸
自分の事ばかり考えず 人に思いやりを持とう。
自分が楽しいこと、 楽なことだけ やるのではなく
人に喜んでもらえること、 人の役に立つことを やろう。
それが できる力をつけよう。

なまけることなく 努力を 続けよう。
人が 見ていなくても 愚直な努力を 続けよう。

良いと思うことをやり 悪いと思うことは やめよう。
良いか悪いかは 自分の良心の声に 耳を
傾けよう。

心をきれいにする7つの行動と 今日の誓いを
血肉化しよう。

私たちのチームの座標軸です。
チームの一員であること、 それは、 座標軸に
そった言動をすること、 その努力をしていること、 です。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
先のこと
全員が 今のことだけに集中してしまうと 変化への
対応が 遅れます。 部下を持つ人は
どんな時でも 先のことを 考える 必要が
あります。 そういう時間を 必ず 取る。

先のことを 考えるためにも 今 現場が どうなって
いるのかは しっかり 見ておかねば ならない。
業界の情報も必要です。 これらのための
時を 取らねば なりません。

そして 間違いのない方向づけを 部下に示す。

それが 部下を 持つ者の 役割です。

人手が 足りないから と 現場に 逃げていると
先のことを 考えられません。 根本的対策を
打てません。

部下を持つ人は 先のことを考える時間を
上手に つくり出しましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
チームの力
チームが 私に何をしてくれるのか と思っている人。
チームのために 何が できるのかと考えている人。
この どちらの割合が 多いか。
それが チームの力を 決めます。

個人最適か 全体最適か、 視点の違いですね。
めんどうだから ルールは 守らなくて良いと考えるのか
全体の決め事だからルールは守るのがあたり前で
ゴミ箱が 近くに ないから 道に捨てるのか
ゴミ箱が なくても 持って帰るのか。
こういう 行動に 違いが 現れます。

大それた事を する必要もなく できる範囲で
よかれと 思うことを やる。 チームに対しても
そして、 国に対しても、 地球に 対しても。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
学び続ける
何才になっても 学び続ける人は 若いですね。
新しいことに 取り組むし やってみる。
そういう人は 年齢関係なしに 職場に
必要な 人です。

今まで 学んだことは 行動に 現わす。
そこから また 学ぶ。 年下の 人からも 学ぶ。
素直な心が あるから 誰からも 学べる。
謙虚な気持ちが あるから 学べる。

勉強=(会った人+読んだ本+動いた距離)×経験

それに 素直な心と 謙虚な気持ち。

学び続けましょう。 学んだことを 活かしましょう。
何かの 誰かの 役に 立てるように。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
毎日の積み重ね
仕事の成果は 毎日の積み重ねです。
水光熱のメーターを 毎日 チェックして 気にしていると
水光熱費用は コントロールできます。
毎日の 売上げと 仕入れを つけて、 予定粗利との
差を 意識していると 粗利は コントロールできます。
毎日の生産量を決めて 売上げに 必要な量だけ
やり切っていけば 売上げは 取れます。

毎日 笑顔で あかるく 元気に あいさつできれば
店のムードは 良くなります。
毎日 トイレを きちんと そうじすれば きれいになり
お客様は 気持ちよく 使えます。

毎日の積み重ねが 結果です。
結果が ついて来ていないのなら 毎日の行動に
原因が あります。 環境や 他人の
せいでは なく。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
公的資本主義
こういう言葉は ないのかも 知れませんが、
これからの 資本主義は そうなっていく 予感が します。
資本を 持つ人は いるが、 資本を 出している 目的が
個人の 利益だけでは ない。
その会社の利益が 事業拡大にも 使われるが
その他の公的事業にも 使われる。
それが 何に使われているかにより 資本を出す。
それが その企業の 公益的な 存在価値となる。

そういう目的であることを 理解した人たちが 社員となり
そして 株主にも なっていく。 社員株主の比率が
3割近くに なる。 そんな イメージです。

ひとりひとりが 自分のことだけ 考えている 意識レベルでは
夢まぼろしの 事でしょうが、 多くの人の 意識は
変化しつつある、 と感じています。

「私たちのチーム」 と 「高収益チーム」 のその先には
そんな 企業の イメージが あります。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
失敗
"うまく いかない事を 失敗と 言うのではない。
なにも しない事が 失敗 なのだ。"

"名誉あることとは 失敗が ないことでなく
失敗するたびに 立ち上がることだ"

"失敗と 成功は 同居している。 失敗の数だけ
成功が ある。"

"失敗から 学ぶ者だけが 成功する"

オーナー経営者の もし 良いところが
あるならば 逃げることが できない 立場で
うまく いかなくても やり続けるしか なかった事でしょう。

失敗を 恐れるな。
チャレンジしよう。

"あきらめた時が失敗という。 あきらめない限り
それは 成功の 途中だ。"

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
役割
バイヤーも 本部長も 店長も リーダーも そして
社長も ひとつの 役割です。 それぞれが
役割を 果たして チームは 機能します。
役割を 果たせる様 日々 努力と 研究が
必要です。

役割を 果たすために 権限が 与えられて
いますが、 そこを カン違い しないこと。
権限を 個人に与えられていると 思うと
正しく 使えなく なります。 個人の都合と
感情で 使う様になり チームは
機能不全に おち入ります。

役職は 役割の 名札の様なものです。
名札に 委縮する必要も ないし、 名札に 頼りすぎるのも
良くない。 役割を 果たすこと と
人として どうかを 考える事。 この2つが 大事です。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
スペース
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ