準備
いい準備を しっかり しましょう。
いい準備とは 最悪のことを イメージして、
もし それが 発生しても 対応できる様に
しておくことです。

想定外という 言葉が 免罪符のような 使われ方を
していますが 想定外が ないように
あらゆる ケースを 考えて 準備する。

そうならなかった、 という時の方が 多いですが
準備するだけで 力に なります。
そして 実際に 発生した時に 適切な判断
対応が 取れるでしょう。

自分の コントロールできない事に 関しては
何が 起きるか わかりません。 だからこそ
考えられる事は 考え 準備をしましょう。

「そういう事は 起こらない と思う」 ではなく
「そういう事も 起こり得るかも 知れない」 という
発想で。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
変化する
全ては 変化します。 安定しているものは 何ひとつ
ない、 不安定な状態が 常です。

それを 頭で 理解していても 安定を 求める心が
人には あります。
安定していたいけど 不安定が 常である。
ならば 不安定な状態、 変化することを
積極的に 受け入れることで 心は
安定します。 不安に なることも ない。

変化することを 受け入れることで 心の安定が
得られます。

仕事において 心が 安定していると 判断に
間違いが 少なくなります。

判断業務の 多い 役割の人は 変化を楽しみ
あるいは 積極的に 変化(新しいことに 挑戦)
することを 楽しめるように なると
心は 安定します。 原因の わからない
不安感も 少なくなりますよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
質問
自分自身に 投げかけてみたら 良い質問。

失敗しないと わかっているなら 何をするか。

子ども時代の 自分は 大人の今の自分を見て
どう思うか。

もし 自分が 稲盛さんなら どうするか。
(稲盛さんのところは 自由に 変えると いいでしょう。
 中村天風さんなら、 斉藤ひとりさんなら、 サムウォルソンなら、
 あるいは 部長なら、 社長なら という風に)

明日 地球が なくなるならば どうするか。

自分に 問いかけることで 自分で 気づくことが
あります。 答えは自分の外にではなく
自分の 内に あります。

難題に あたったと思う時、 判断に迷う時、
道が 見えない時、 自分に問いかけましょう。

答えは 自分が 知っています。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
リーダーシップ
力あるものが 譲ると 物事は うまく行く。
権力の あるものが 奉仕すると 組織は 活性化する。
持っているものを 人のために 使うと 心は 豊かになる。

その逆だと 世の中は トゲトゲしく なります。
心も 冷え冷えしてきます。

力あるもの、 権力のあるもの 持っているもの に それを
望むのではなく 自分が 気づくこと。
その気づきこそが 真のリーダーシップの スタートです。

力が なくても 権力が なくても 譲り、 奉仕し 多くを
持っていなくても 今、持っているものだけでも
人のために使う。 そういう人に 人は 従うものです。

リーダーシップとは 譲ることができ 奉仕することができ
与えることが できることから 生まれるもの、 とも 言えそうです。

見かけだけの リーダーシップではなく 真のリーダーシップを
血肉化したいですね。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
もうひとつの考え方
親が 子に 何かを 教えるものだ という 考えが
一般的だと 思いますが 逆の考えも ありますね。
子供は 親に 何かを 教えてくれるものである。
という 考えです。

そう 考えた時に 今まで 見えていなかったものが
見えてくる、 かも 知れません。

部下は 上司に 何かを 教えてくれるものである、
という 考えも できますね。
そう 考えた時に 上司は 自分の内面に 目が 向きます。

この部下は 何を 教えてくれるために 今 部下として
自分のもとに いるのだろうか。

いわゆる 仕事が 出来る上司ほど 時々 こういう考えを
してみましょう。

万象これ皆我師 です。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
境界
自分を 犠牲に しないと 全体のことを 考えられない
あるいは 全体のことを 考えていくと 自分を犠牲に
せざるを得ないと 感じる。 そういう 質問が
ありました。

自分という 境界を どこで 引くか。
どこまでが つながっているものなんだと 感じられるか。
つながりを 現時点での 拡がりと 時を 越え、 考えてみて。

その境界が 今よりも 少しずつ 大きく 拡がっていくことが
人の成長だと 考えます。

だから 成長していくと 犠牲になっている という 思いは
感じなく なっていく、 と 考えます。

正解は なく、 選択が あるだけ。

これからの 時代に 必要なこと、 人類として
それは ひとり ひとりが 我々、 と 呼ぶ境界を
拡げていくことだと 思います。

これが 質問に 対する 答えです。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
やさしい
自分の思っている事を やってくれると 「やさしい」 と
感じます。 思っている事、 それは 欲とも 言えます。
自分の 欲望を 叶えてくれると 「やさしい」 と 感じる、
「やさしい」 という 言葉の 多くは こういう 使われ方を
している 様です。

「やさしい」 とは 必要なことを きちんと やること。
必要なこととは 人と人とが つくる この世の中で
スムーズに 事が 流れるための行動。

そう定義してみると 「あいさつ」 や 「掃除」 が
きちんと できると 「やさしい」 人に なります。


役職は関係なく うまく やれる人が やること、 それを
まわりも 気にしないこと、 それが 「やさしい」 関係と
なります。

「自分が欲しい」 ものではなく 「みんなが必要な」 ものを
提供すること、 それが 「やさしさ」 だと 考え
「やさしい人」 を 目指したいものです。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
タイミング
何かを 成しとげるには 流れを変えるには
タイミングが 重要です。 そのタイミングは
全ての 準備が 整ってから さあ どうぞ と
やってくれるものでは ありません。

何かが 足りない状態で そのタイミングは 来ます。

多くの人は 「時期尚早」 「無理」 「何々がない」
と 言います。

その時に 必要なのは 見えない物を 見る力です。
そして 私心のあるなしの 判断です。

今、 見えないが 将来 こうなる というものが見える、
それを信じる力、 信念があれば 多くのものを
引き寄せることが できます。

まして より多くの人のために なることならば なおさらです。

もう ひとつ 必要なこと、 それは 実行する 勇気です。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
見えない部分
普段 あまり見えない部分、 そこが 大事です。
休憩室、 ロッカーの中、 店長室、 デスクの中、
トイレの用具入れ、 倉庫。
そこが 整理整頓されている店は 売上げが 大きく
落ちるようなことは ありません。

お客様から 見えていないところを きちんと やっている店も
大きな事故や 間違いは 少ないですね。
それは 採用面接、 トレーニング、 食材の管理、
朝礼、 夕礼、 掃除。

素晴らしい店も 外から 見えていない システムや理念
教育が あって 初めて 存在できるのです。

見えていない部分、 それは 今すぐ 客数アップや
利益アップに つながりにくい 部分です。
だけど そこが 売上げも 利益も つくっています。

見えない部分を 大切に。 根っこを 大切に。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
スペース
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ