仕事は 人が やっています。 経営も 人が やっています。
いろいろな 課題を 考える時に 人のことを
外しては 考えられません。

人数の 過不足も あるでしょうが、 ひとりひとりの
心情、 スキル、 クセ、 人柄 というものが 結果を
大きく 左右します。 そこを 考えずに
理屈だけで こうすれば うまく いくはずだと
指示を出しても 事は 運ばない。 反対に
策は 今、 見えないけど 必ず これは やり切るんだと
切に 切に 念ずれば 道が 見えてくる。

だから うまく 行くはずの事が うまくいかず
たぶん 無理だろうと 言われる事が 結果 できました と
いう事が 起きるのです。

人を動かすのは 感動であり、 あの人とやるのだから
という思いであり、 その目標を 力をあわせて 達成したいと
いう 志だと 思います。

チームのリーダーは 自分を 磨き続けることで 少しずつ
その力を つけていきましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
心配するな
ワクワクしよう。 心配するよりも。
そんな状況じゃないですよ、 という時でも
どうすれば ここを 乗り切れるか
ワクワク ドキドキ しながら 考えよう。

こうなったら マズイな、 と 思っても いい。
いいけれど すぐに そうならない様に
打つ手は ないか、 もし、 そうなっても
どう対応するか、 考えよう。

少なくとも 心配するだけよりは
良くなる 可能性が 拡がります。

心配していても アイディアは 浮かびません。

いよいよ おもしろく なってきたな
物語としては これで おもしろくなるぞ
そう思って 策を 考える方が 良い知恵が
ひらめくものですよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
つぶれる会社
お客様の 声を 聞かなくなった 会社は
つぶれます。 会社の都合だけで
お店を 運営する会社も つぶれます。

お客様の 声を 積極的に 聞きましょう。
来てくれていない お客様より 今、 来てくれている
お客様の声を 聞いて下さい。 アンケートは
もちろん、 直接 お話を 聞きましょう。

どうして ご来店 いただけるのか、 何がお気に入りなのか、
ここを 直して欲しい、 こういう時に 困る、 というものは
何か、 どんどん お聞き しましょう。

買取りする、 しないを 店の在庫状況に よって 決めて
いては 店は つぶれます。 リユース店が オフハウスしか
ないのなら お客様は イヤイヤでも 来てくれるかも
知れません。 しかし 現在 リユース店は 10万人の
町に 数店は あるのです。

お店を つぶすような行動、 判断は しない。
お客様の 声を 聞きましょう。

お客様から ありがとう を 言っていただける努力を
続けましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
自分に できること
どんな立場でも 役職であっても 自分にできることは
必ず あるのもです。 その行動で 全てが
劇的に 変化しなくても、 できることは ある。

ただ これくらい 自分ひとりが やったって 何の効果も
出ない、 と やらないのか。
効果は わからないけど 変えるために
良くするために 自分ができる事は やるのか。

どちらなのか。

どちらの人が 多い チームが 良くなっていくのか。

あいさつしよう、 笑顔でいよう、 手あきの時に
掃除をしよう、 時間は 守ろう。

こういう 自分に できることを 実行する人が
集まるチームは ゆっくりだけど 確実に 良く
なっていきます。

自分に できること、 実行しよう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
一言入魂
忙しそうに 見える人は しゃべり過ぎの人が多い。
部下は 一応 聞いてくれるけど 本当は
何が 言いたいのか よく わかっていない。
だから 又 同じ事を 言わねば ならない。
そして 忙しそうに 一見 見えてくる。

一言入魂を 心がけましょう。

シンプルに 本質を 語りましょう。

それが できるように なるためには 相手を 良く
知ること、 誰でも わかる言葉を 使うこと、
具体的に 話すこと、 ゆっくり しゃべること、 良い
質問を 投げかけること、 が ポイントの様です。

部下が 多くなるほど 意識して 心がけましょう。

一言入魂で 話しましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
ホウレンソウ
言っておいた方が 相手も 安心するかな、 と思うことは
伝えておく。 わかっているはず と 思う時は
念のために 確認する。

時間や 場所、 用意するものなど。

頼まれたことは 結果が 出たら 報告する。 結果が
出るまで 時間が かかっているなら 途中経過を
伝える。 うまく いかなかった事なら なおさら
すぐに 報告する。

どんな小さな事も。

ホウレンソウが できると 効率も 上がります。
お互いの 信頼も 増します。
思い違いも 少なくなり ミスが 減ります。

ホウレンソウグセをつけて 働きやすく
効果が 出やすい 職場を つくりあげましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
家族に自慢してもらえる
家族に自慢してもらえるような 会社にしよう と
「私たちのチーム」に あります。
そのために 私たちが すぐに 出来る事は 何か。

仕事と 関係のない人と 話す時に 自分の会社や
お店や 上司、 仲間の 自慢すること。
自慢する とは ほめることです。

ほめるには 良いところが あるわけですね。
ほめられるということは 良いところを 見つけることが
できるということです。

もちろん カイゼンすべきところは たくさんあります。
そこだけに 意識を 向けずに こういう 良いところも
ある、 という 視点を持つ。

悪いところだけでなく 良いところを 意識する。
すると 悪いところも 消えていく様です。

会社だけでなく 人についても 同じでしょう。

自分の お店、 会社、 身近な人を どんどん ほめる力を
ひとり ひとりが つけて いきましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
使わない言葉
それは難しい。 危ない。 そんな時間はない。
きっと 家族に 反対される。 私には向いていない。
今まで やったことがない。 お金の余裕がない。
誰も助けてくれない。 そんなに強い人間ではない。
それほど 頭がよくない。 年を とりすぎている。
目標が 大きすぎる。 疲れている。 忙しい。
こういう家庭に 育ったから。 失敗するのが怖い。

どうせ 自分には できない。 やれるとは 思えない。
自分には やれる力がない。

これらの言葉を 使わない と 決める。
そして 実行する。 それだけで 多くのことが
変わっていきます。 本当のことなのに 何故
使わない方が 良いのか、 と思うなら
本当のことだけと 誰が いつ 決めたのか 考えてみましょう。

自分の決めた 思い込みであり 他人から 何度も
言われただけの事でしょう。

言葉を 選ぶことで 次の 思考も 選んでいるのです。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
相手のために
今、 自分が 相手のために できる事は 何だろうか。
どんな状況の時でも 自分自身に
そう問いかける。 どんな状況の時でも。

してあげられる事を 考え、 できる範囲で やっていると
受け取る事も 増えてきます。

人に 親切に している人は 人から 親切にされます。
人に文句ばっかり 言っている人は 人から文句を
言われます。

してもらう事を 先に 考えていては 誰も 何も
してくれません。 受け取ることを 先に
考えていては 何も 得られません。

先に100万円 とりあえず 差し上げます、 という話は
ないです。 (あれば 詐欺の類です)

相手のために 今、 自分にできる事は 何かを考える。

相手とは 今、 目の前に いる人の事です。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
スペース
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ