必要 必然 ベスト
過去オール善。 起きたことは 全て 良かったことだ。
そう考えよう。 いろんな出来事、 それを経験して
今がある。

これから 起こることも 全ては 必要であり 必然であり
ベストの事なのだ。 と 考えよう。

起きたことは 変えられないけど その意味は
決めることが できます。

この出来事が 何故 今 必要なのか。
それを 考える事は 自分の心の中を 深く深く
旅するようです。

この出来事が 何故 必然なのか。
それを 考える事は 自分の言動を 素直に振り
返ることです。

この出来事が 何故 ベストなのか。
それを 考える事は タイムマシンに乗って未来の自分を
見る様なものでしょう。

必要 必然 ベスト と思える様に なるにつれ
強く やさしく 希望に あふれる人に
なっていきますよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
利益
利益を出すことは スポーツでゲームに勝つことに
よく似ています。 勝つことに 執着し過ぎると
本来の力が 出ず 良い結果につながりません。

勝つために やるべきことを 決め しっかりと 準備をする。
相手の事を 調べることは 必要だけど 自分のやることを
くずしては ならない。
勝つことよりも 勝つために やる事に意識を集中する。
勝つ事によって 誰のために 役立つのか イメージする。

状況が 不利に 見える時にも 勝つために できる事に
集中する。 負けたら どうしよう とか
あと 何分しかない とか 考えない。

結果を 心配しない。 やるべき事をやる。

「勝つ」 を 「利益を出す」 に 置きかえて
考えてみましょう。

数字で語るのは 大切ですが 数字を語っても
結果は出ません。 行動のみが 結果を つくります。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
続ける
やれば良いと わかっている事は 続ける。
シンプルです。 ところが それが できる人は少ない。
たとえば 毎日の行動日報を書く事。
毎日書くぞと はり切って しばらくは 続けるけれど
いつも間にか やめている。
ブログを やり始めて 続けている人も 少ない様です。

やめる時は やめる と 決めた方が 良いですね。
何となく やれていないなら 1週間は休む と
決める。 何月何日から また やり始める と 決める。

やろうと思ってるけど やれていない という状況が
続くことは 避けましょう。 そういうケセがつくから。

毎日 決めた事を 実行し続けるコツの 一つは
毎日 やるぞ と 決心すること。
できれば やろうではなく、 やると決心する。 毎日。

そういえば、 しばらく やれていない事が あるなと
思い出したら 今日から スタートです。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
緊急かつ重要
「7つの習慣」(スティーブン・コヴィー著)で 私たちは
多くのことを 学びました。

優先順位のつけ方が その一つです。
忙しい人は いつまで たっても 忙しいのは 何故か。
それは 緊急かつ 重要な事が たくさん発生しているから。
では それは 何故か。 緊急では ないが
重要な事を やっていないから。

パートナーさんとの 面談や トレーニングが不足すると
ラッキーコールや 突然の退職が発生します。
そうすると そのために とりあえず やるべき事が
起き、 それに 追われます。

あるいは そんなに重要では ないのに 緊急と感じる事に
多くの時間を 取っていると 緊急では ないが
重要なことを やる時間が さらに減ります。

社員手帳を 上手に活用し 緊急ではないが
重要なことを スケジュールに 入れておきましょう。

24時間バケツの話も 思い出しましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
パラダイム
人は思い込みによって 同じ物を見ても
見え方が 違うものです。 これも「7つの習慣」で
学びましたね。

電車の中で さわいでいる子供を 注意しない 母親の話。
隣りの人が 横に置いた自分のクッキーを平気で
食べる話。

これらの話を 知っている人は 知らない人に話して下さい。

見方が変われば その次の反応も変わります。

重要な書類を 彼に渡したと思い込んでいたら
自分のデスクの引き出しの奥から 出て来た。
その間 彼に どんな物の言い方を していたのか。

仕事でもないのに 帰りか遅いのは どうしてかと
思っていたら 自分の誕生日のプレゼントに陶器の
コップを 作ってくれていた。 その間 相手に
どんな 物の言い方、接し方を していたのか。

自分で つくり上げた枠組み(パラダイム)だけで
人や出来事を見ない。 何かあるのでは、と
思う心を 持ちたいですね。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
主体性
主体性を持つこと。 それは 自分で選ぶこと。
「7つの習慣」でも 学んだし 他の本からも
学んだ 良い人生の 座標軸です。

刺激と反応の間には 選択という 自由が ある。

仕事のミスを犯した という 刺激と
がっくりして やる気がなくなる、 あるいは ミスから何かを
学び 少しでも 成長しようとする、 という反応の間には
選択の自由が あります。

「仕事上のミス」という刺激に対して こういう反応を
しなければ ならないという 規則は ありません。
まして 血液型で決められているわけでは ない。

自分で 選べるのです。 自分で選ぶことを
主体性を 持つと 言います。

どうしても こういう反応をしてしまう、 という人は そちらを
選んでいるだけです。

何を選ぶのが 正しいというわけでは ありません。
ただ 選択によって 結果は 大いに違ってきます。

だからこそ 主体性を もちたいですね。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
理解してから
「7つの習慣」 第五の習慣が 「理解してから理解される」 です。
わかってもらえないのは わかろうとしていないから とも
言えます。 相手が なぜ そう言うのか、
そういう行動をとるのか、 なぜの部分を理解しようと
努力すること。

思い込みだけで、 たぶん こういう理由だろう と 自分勝手に
決めつける。 その前提で 事に 対応してしまう。
思い込み は 自分だったらこうだ という ワク組みであったり
かつて 経験したことで 作られます。

特に自分の子供に 接する時に 意識すれば 普段
どれだけ「理解せずに 理解させよう」としていたか
わかるでしょう。

上司と部下の関係でも そうですね。

人は苦労した方が良いと言うのも 苦労した人の方が
人を おもんばかることが できる様に なるから だと思います。

相手に 迎合することなく 相手を理解する努力、 続けましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
言葉
自分の発する言葉は 自分に一番影響を与えます。
何故だか ツイているんですよ、 と 言っている人は
何が起きても ツイている 要素を 探します。
いつも ツイていると 自分に 言い聞かせているから
脳が 勝手に ツイていることを 探すクセが
つくのだそうです。 星座も血液型も
関係 ありません。

しんどいな と 言っている人は どんな事にも
しんどい要素を 発見してしまいます。
あの人 キライ と 言っている人は どうにかして
イヤな部分を 探しあてます。

しんどいことや イヤなことが あるのでは なく
そう見てしまう、 そう見えるところしか 見ないのです。

普段 自分が どんな言葉を 発しているか 調べて下さい。
その言葉が 自分の見方、考え方を つくります。

考え方を変えるより 使う言葉を変えると
人生も 変わりますよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
心身
心を整えるには 体をうまく使うといいですよ。
緊張したら 深呼吸。
調子が悪いな と思ったら 背筋を伸ばして
顔を上げ 前を見る。
マイナス発想が 浮かびそうなら ニコッと笑って
胸を張る。
考えが煮詰まると 歩きながら考える。
モヤモヤした時は 軽く体を動かして 汗をかく。
お風呂で汗をかくのも いいでしょう。

気持ちを考えで 変えようとすると 迷路に入りがちです。
体を使うと 気持ちも 変わりますよ。

背伸びをしたり 大きな声を出すのも 気持ちを変える
方法です。

こういう気持ちに なった時は これをやる、 と
自分なりの方法を つかんでいると それこそ気が楽です。

試してみましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
スペース
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ