あけまして おめでとうございます
2013年も 変化の多い 退屈しない1年に
なりそうです。 私たちの仕事は
お客様が こうしてくれると うれしいな、
えっ、そういう店が、商品があるなら 利用するよ、
と感じてもらえる様に することです。
そして それは 日々 変化していきます。

だから 私たちも 積極的に変化しないと
お客様から 置いていかれます。
もちろん、何でも 新しくしていかねば ならないと
いうことでは なく、お客様に 喜んでもらえるよう
変化していくのです。

さらに経済状況も 上向きの様子に見えますが
そう あまくは ないでしょう。きびしくなると予想
した方が 良さそうです。きびしくなっても 存続できる
会社のレベルに なっていなければなりません。

現状を良しとせず 勇気をもって変化していく
そういう1年に していきましょう。
「私たちのチーム」「高収益チーム」を 目指して。

今年も よろしく お願いします。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
準備
準備をしっかりやった者が勝つ確率は高い。
1年先の大会のためのトレーニングであり
食生活の改善であり、大会に出発する前の ホテルや
持っていくものの 準備。 あるいは 相手の調査。

そして こういう時は こうして、こうなったら こうする、
という イメージ。

これらを 何もせず 試合に臨むなら
良い結果は 期待できないでしょう。
今日、明日ノートを 真面目に書かないで
仕事に臨むのも同じ、良い結果は 期待しにくい。

そのやり方、目標、成果を イメージせず いつもと
同じ 作業項目のみ 明日やること として
書き出しても 大きな成果には つながりません。

より良い仕事をしようという 意志を持って
明日やることを 考えると 準備すべきことが
さらに 見えてきますよ。

今日から、店長さんと 明日やることをの確認を
してから 今日、明日ノートを 書きましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
すぐやる
すぐやるクセをつけましょう。
人の紹介を 頼まれたら すぐやる。 遅くとも
その日のうちには やってしまう。
人と会う日程など、すぐに調整する。
教えてと頼まれた 本、情報はすぐに教える。
頼まれた 伝言は すぐに伝える。

すぐにやる。 そして報告する。
それを くりかえしていると 信頼残高は 増えます。

物理的にすぐ その日のうちに できないのなら
期限を決めます。 そして それまでに やりきる。

すぐにやれないのは やれない内的理由が あります。
外に理由を探さないように。

パッと すぐにやる。 その習慣が 身につくと
信頼だけでなく 時間を味方にできますよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
何があっても 大丈夫
いつも そう思っていると びっくりする様な事が
起きても 落ちついて 対応しやすい。
斉藤ひとりさんは「困ったことは 起こらない」と
言います。

そもそも 何が 大丈夫で、あるいは何が 大丈夫じゃないのか。

それは こうなったらどうしよう、とか こんなになって
これから どうなるんだろうと 思う心、
大丈夫じゃない状態。

こんな事も起きることがあるんだ、起きたのならば
どう対処するか、それを 自分らしく 考えよう。
と思う心、 それが 大丈夫な状態。

何が起きたか、では ないんですね。

つきつめると 死生観を持つ、ということに なりそうですが、
まずは、 今、自分のできることを見つけて
それを 力いっぱい 笑顔でやるんだと
思える様に なりたいですね、 何があっても。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
正攻法
物事が行きづまれば、正攻法で 対処しましょう。
問題が 複雑に なれば なるほど
小手先で 何とかしようと 思いがちです。
けれど策を弄すれば 弄するほど 問題は
さらに ややこしくなって行きます。

交渉事なら 相手を読み過ぎるのも 良くない様です。

こちらの軸をぶらさないこと。
ぶれない軸を 持っておくこと。
変化に対応する時の原則を知っておく。
何のためにやっているか という 本質的目的を
いつも 意識下に おいておく。

それが あると 正攻法で対処できます。
開き直り、かも 知れませんね。

大きな問題、調整先が複雑に入り組んだ問題、
そういうものみは 正攻法が 一番効果的です。

一見、ハードルが 高くても、可能性が低く見えても。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
思い通り
思い通りに 事が 運ばない。 人も動いてくれない。
努力も なかなか 報われない。
良いと思ってやったことも 誤解を 受ける事が ある。

そう感じる時に どう考えたら 良いか。

ひとつは 吹く風は 変わると考える。
突然 新しい風が吹く。 いつまでも 同じ風が
吹き続けることは ありません。

もうひとつはゲームだと考える。
今風に言えば イジられているくらいに 考えてみる。
次に どんなリアクションをとるか 見られていると考える。
心に余裕が できますよ。

そして 3つ目は 開き直る。
自分の家族と良心に 恥じることがないならば、
やれることをやりきっているならば、あとは
自然に任す。

うまく 事が 進まないなと 感じたら
試してみましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
人脈
人脈とは 自分のできることで 相手の助けになる事が
できる関係を言います。
自分のして欲しいことを してもらえる関係、
自分に利用できる相手との関係、
頼み事ができる関係を 言うのではない、
と 考えておきましょう。

力のある人との名刺交換や 有力な人が集まる
会合への参加で 人脈は できません。

相手のために 自分に 何ができるか、
それを 考える時に 人脈は できます。
それを いつも 考えている人の人脈が、拡がります。

お互いに 何とか 利用しようと 思っている者同士の
関係は 人脈とは 言わないものでしょう。

人脈のある人は 自分を磨き続ける人、
そして 思いやりのある人です。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
目標
手帳に 目標を書く。手に入れたいもの、なりたい姿、
を思い浮かべて いつまでにという期限も
設定し 手帳に書く。 それをイメージし 努力し続けると
目標は 達成できる、という考え方が あります。
それでも 人事異動などで 自分の目標から 遠ざかる
環境に 置かれる時も ある。 いくら、これを
やりたい、こうなりたいと 目標設定しても
自分の力だけでは どうにも ならない時の方が多い。
だから 目標は 書いても 仕方ないんだ、
と いう考え方も あります。

どちらの考え方を 選んでも おそらく そうなっていくのでしょう。

なりたい姿に なれる、 というより なってしまう、のではないか、
と感じています。 なりたい姿 と いうものを
素直な心で よくよく 考えてみる。そして
今の状況の 本質を よく 考えてみる。

そうすると、何年も前から こんな事を 考え続けていたから
今、こうなっているんだな、という事に 気づくのでは
ないでしょうか。

心の底で、 何を思い 何を考えているか、
それが 形に いつか 現れてくる。

そう考えて 生きると 自分を律することも できますね。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
研修
FC本部の研修、コンサルタントの研修、社長セミナー、
いろいろと 受ける機会があります。
そして いろいろな事を 学びます。
知識として、あるいは 感動かも 知れません。

勉強になった、 よく わかった、で 終わらせず
実行できること、 それが研修の目的です。

血肉化です。

たとえば パッと動く、キビキビ動く、 という事は
過去 何度となく 研修で学んだことです。
それが 会議の時に 「起立」 という 号令に
対し パッと 立てない。
立てる人は 少ないのが 現状です。

もちろん 研修は 続けます。
そして 研修を受けた人は 実行すること を
念頭に おいて下さい。

人生は 学んだ事でなく 実行した事です。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
スペース
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ