目標設定
目標設定は 限界ではなく 可能性に
焦点をあてる。 特に店長さん、部長さんには
欠くことのできない 資質です。

ひとり ひとりの可能性、チームの可能性を考えて
目標を決める。 それは ひとりひとりの能力を
開発することに つながります。

マネージャーさんや 新入社員の人たちも 自分の力を
伸ばそうと 思えば 可能性を考えましょう。
全店、全課 何%アップという様な 目標設定には
愛が ありません。

これぐらいで いいんじゃないか、これ以上は
ムリだね、と 限界を 意識しながら
仕事をする 幹部は 部下の 能力にフタを
しています。

目標設定は 可能性に 焦点をあてて下さい。
     

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
お客様
お客様を見ること。 少なくとも 店の中で
誰かが お客様を見ていること。
見ていないと 気づくことも 気づきません。

飲食部門では ひとりひとりが 作業に集中して
しまうと お客様を見ている人が
ひとりも いない。という事がおこります。

あるいは 誰かが 対応してくれるだろうと みんなが
思ってしまう、ピークが過ぎて 何組か、
お客様がいるのに ホッとしてしまう。
そんな時に「誰も 気が ついてくれない お店」に
なって しまいます。

「すみません」「ちょっとお願いします」という声が
お客様から 聞こえて来ます。

それが続くと、お店のメンバーも それが 普通に
なってしまいます。そしてお客様が減っていく。

まずは お客様を見ましょう。
お客様を 気にしましょう。

お客様あっての 私たちですから。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
一言
ちょっと一言つけ加える。 それだけで パッと
気持ちが 明るくなる、うれしくなる。
そういう一言が あります。

20年程前 イージーオーダーの紳士服をキャンペーンで
販売していました。 その時の業者の人は
採寸した後に 必ず こう言いました。

「ありがとうございます。 一生懸命 いい服 作らせて
いただきます。」

今、ブックオフでは 買取りさせてもらえた後
「お売りいただき ありがとうございます。
大切に販売させて いただきます。」と つけ加えます。

飲食店で 料理提供の時に ちょっと 一言
つけ加える。 ちょっと一言を 考えることで
本来のあるべき姿勢を 思い出せるでしょう。

その思いと供に 一言をつけ加える。
みんなで 考えてみましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
聞いてもらえる人
おいしいビールも ジョッキに入っているものを飲めば
本当に おいしく感じます。 汚れた入れ物に
入っていては 飲む気にも なれないもの。
同じ様に 良い事も 言っている人により
聞いてもらえたり 相手にされなかったり します。

多くの人は 何を言っているか よりは 誰が
言っているか、 を 気にするものです。

チームのリーダー的立場の人は だからこそ
自分を高めていく 必要が あります。
言うこと と 行動を なるだけ 一致させる。
ややこしい問題は 自らが 処理する。
リーダーの十ヶ条に 日々 取り組んでいる。
そういう 姿勢の 有無が 大切です。

言っていることより やってることを 見てますからね。

そして それは 仕事場だけではなく
人間関係 どこにいっても 同じでしょう。

会社でも プライベートでも 話を素直に
聞いてもらえる人になれるよう 精進したいですね。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
毎日 消える
覚えたと思うこと、身についたと思うこと
できていると思うこと、固く心に決めたこと。

これらは 毎日 ゼロになってしまう、消えてしまうと
思った方が いいでしょう。
だから 毎日 確認し、決心し、反省する。

やる気も同じ。一日で なくなるものだから 毎日
自分で補充する。

感謝する心も同じ。毎日、今日も全ての出来事に感謝
しようと自分に言い聞かせる。

具体的には 定期的に読む本を1、2冊決めておく。
ホームページに出ている 少し前のメッセージを読む。
手帳の「今週のこころがけ」を毎日見る。
毎朝 通勤途中に 決心する時間を 取る。
明日やることを 書き出す時に どういう心構えで
一日を 過ごすかも 書く。と、いう方法があります。

これでわかった、身についた、と思った時に
思い出しましょう。一日で消えてしまうものだと
いうことを。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
限る
「限れり」とは 自分で ここまでだと 限界を
決めてしまう と いう意味。
「これは こんなものだ」 と 自分を納得させる方向へ
心が動くと その理由は 次から 次へと 出てくるものです。

今までのやり方だけ、今までのレベルのまま、なら
「これは こんなもの」なのでしょう。

今までと 違うやり方、見方、異なるレベルなら
「それは そんなものじゃない」 と なるのです。

買い取り方法、接客レベル、商品の見ばえ、
建築コスト、広告宣伝費の費用対効果、
自らが 限っていないか。
素直な心で、考えましょう。

限界では なく 可能性に 焦点をあてましょう。

いろんな事が 楽しくなってきますよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
楽しい生き方
どんな生き方が 楽しいか、
正解はなく 何を選択するか、でしょう。

だましたり、悪意を持った頼まれ事は別にして、
なるだけ頼まれたら やってあげる。
やって あげたら さっさと 忘れる。

現状を人と比較しない。
こういう人物になりたいというイメージを持ち、近づく努力をする。
その助けとなる 師と友と本がある。

心配、取り超し苦労はしない。
起きてもないことに心を奪われるより、今 できることを
明るく 笑顔で やり切っていく。
反省は 短く、明るく、具体的にし 起きたことを
いつまでも 引きずらない。

何でもない様な事を ありがたく思う。
小さな出来事に おもしろさを見つける。

そんな生き方が楽しいだろうと 思うし
そういう楽しい生き方を選びたいな と 思います。

今が どういう 状況で あろうとも。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
口から言葉が出て 食物は口から入る。
気をつけていないと 口からトラブルの原因が出て
口から 病の元が入ります。
口から 幸せの種を出し 口から健康の源を
入れていきたいですね。

口から出すのは 明元素言葉。
心をきれいにする 7つの行動中級を守る。

口に入れるものは ティアの食事を参考にすると
いいでしょう。 量は多いよりは 少ない目が
いいようです。

シンプルですが 実行は カンタンでは ないですね。
カンタンではないけど やろうと思えば
練習は できます。

いろいろと 問題が多いな と思うなら
口から 出ているものと 口に入れるものを
見直してみましょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
流れ
流れは変わります。 変わっているのに
気づかない時が 多い。

春に向かい出すのは 12月22日の冬至が終わってから。
その次の日から だんだんと だけど 少しずつ
陽は長くなっていきます。

だけど それに気が つかない。

一番寒くなるのは 1月中頃から 2月にかけてだから。

一番つらいなと思う時こそ 流れが変わる時、
あるいは 流れは変わっているのかも 知れない。

いいことが 続くなァ と 思う時こそ 気をつける。
流れが 変わっているかも 知れないから。

窮(きわ)まれば 変ず 変ずれば通ず、とは
そういう意味です。

めちゃくちゃ 寒い時、 すでに春は
そこまで 来ているのです。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
うまくいかない時
うまくいかない時は まず感謝しましょう。
現状に 感謝する。 うまくいかない現状に
感謝する。 感謝できなくても、
できる視点を 探す ということです。

それが見つかれば 本当に感謝する。

本当に感謝できると 今まで 見えなかった道が
見えてきます。 今あるものを 生かせる方法が
見つかります。 あせりも なくなります。

うまくいかない時に 不平、不満、グチ、泣き言ばかり
言うと 今の良いところに意識が 向きません。

仕事で うまくいかない時は、
まず 感謝しましょう。 ありがとうございますと
言ってみましょう。

道は 開けますよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ