心配
予測できることで手を打てることは、考えられる限り考え抜いて手を打つ。
自分の力のおよぶ範囲以外のことは考えない。
やるだけやって流れを見る。

流れが変われば、手を打てることも変わってくるから、
また考えて打てば良い。

だから心配することは何もない。

ベストをつくし自然にまかす。

自分が影響を与えられない事を思い悩むより、
小さなことでも自分にできることをやる。
今できる小さなことを多くの人がやることで、ひとりでは影響のないことでも大きな波になることもある。

心配する様なことは 何ひとつない。
やれるのにやっていないこはないかを考えるだけ。
もしあればやる。

こう考えると、心配事はなくなりますよ。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
言葉の力
”状況がきびしくなり、全てが裏目に出て、これ以上耐えられないと思う時。
その時こそ決してあきらめてはいけない時です。
なぜなら、そこが物事の流れが変わる時であり、場所だからです。”

”良きリーダーか否かの最終試験は、彼の信念と意志を他の人の中に残し、彼らがそれを遂行し続けるかどうかです。”

”刺激と反応の間には、選択の自由がある”

"問題は解決できる人の前にあらわれる。しかも解決策とともにあらわれる。"

”簡単に手に入れたものは簡単に失いやすい”

”人は勇気を失った時、全てを失う。”

”積善の家に余慶あり”

”ベストをつくし、自然に任せる。”

いい言葉と出会うと、人生が豊になります。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
いい人生
一日は人生の縮図。一日一生。
今日が人生最後の日と思い生きる。
人生二度なし。

いろいろな言葉で同じことが言われています。

こんな人生にしたなと思うならば、今日をそういう一日にすれば良い。
幸せな人生にしたいなら、今日に幸せを見つければ良い。
今日に不平不満ばかり見つける人は、人生もそうなる。

こんな人間になりたいなと思うのならば、
今日、そんな人間の様に振まえば良い。
そんな人間の様に振るまい続ければ良いのです。

いい人生だと思いたいならば、今日をいい一日にすれば良い。
今日をいい一日だと思えば良いのです。

今日という日をどう生きるかが、自分の一生の姿なんですね。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
妄想
初めそれは妄想と言われます。
100人中100人が無理だと言います。
ただひとり本人だけはやれる。と強い信念を持っています。
そして今できる最大の努力をし続けます。
ないものを数えず、あるものでできることを考えます。

そうするとだんだんと、夢と言われるようになります。
100人中数名はできるかも知れないと思う様になります。力を貸してくれる人も出てきます。

そして目標と呼ばれるようになり、具体的なスケジュールもたれれるようになります。
多くの人ができるだろうと思うようになります。

そうしてそれは実現されます。

高い志を持ち、どんなことがあってもあきらめず、不平不満愚痴を言わず、人のせいにせず、謙虚にタイミングを逃さず、大事なことをきちんと実行し続ける。

そうしているうちに時間はかかっても、妄想は現実となっていくでしょう。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
塞翁が馬
人間万事塞翁が馬という中国の故事があります。
何が良いことで、何が悪いことか人生終わってみるまでわからないもの。
だから1つ1つの出来事に一喜一憂するこはない。と解釈しています。

私たちありがとうグループの歴史の中でも、同じような出来事があります。

西条の好立地に自社で食品スーパーとつくろうとしていたら、ダイエーから直営にやらせて欲しいと申し出があった。残念に思ったが共同で大型商業施設をつくることで、安定家賃が入るようになった。良かったなと思っていると、ダイエーが撤退することになった。これは大変だと思ったが、結局A社が買ってくれ、その資金で九州にリユースの出店が可能になった。
これでいけると思ったが、新店を出してもなかなか思う様な利益が出なかった。しかし・・・(この物語は今も進行中です。)大変だと思う出来事にも、やった。と大喜びするような出来事にも、続きがあるということです。

どんなことにも悲観せず、ベストをつくす。
いつでも謙虚に最悪のことを考え手を打つ。

そういう姿勢が大切ですね。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
ゼロ
毎日ゼロになるもの。素直さ、謙虚さ、積極性、感謝する心、これらは朝起きた時にはゼロになっていると思った方がいいでしょう。

ゼロだから、今日一日はっきりと意識して過ごす。
どんなに毎日、毎日意識し続けても、それは一日でゼロになる。

40才になっても50才になっても、おそらく60歳になってもひょっとすると、死ぬまでそうなのかもしれません。

中国の古の人が、日々新たにと、毎朝顔を洗うたらいに彫り込んで毎朝見たのもそういうことかもしれません。

筋肉は鍛えるのを1日さぼっても、急には落ちません。
だけど心構えは1日でゼロになる。

手帳の唱和の時に、はっきりと意識するのもいいでしょう。
ゼロからスタートするんだ。という時間の時間を、毎朝取りたいですね。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
仕事というもの
やっつけ仕事という言い方があります。
とりあえず形だけつけておく、最低限のところだけやっておく。というやり方ですね。

新しい分野だけど、今までの知識だけで表皮的にやっていまう。新しい勉強をしない。
こういう姿勢だとなかなか力がつきません。
成果も出ないものです。

役職に変化があると、新しいことをゼロから勉強する必要が出てきます。

ミートの人がデイリーになれば、ゼロからの勉強です。
販促のことを勉強したことばない人が、リーダーや部長になれば、勉強する必要があります。
教育のことを勉強したことがない人が担当になれば、勉強しなければいけない。

今の知識や技術、あるいは考え方だけにたよらず、新しいことを学びながら仕事に取り組みましょう。

ベテランになっても、学び続ける姿勢が大事です。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
言いわけをしない
過ぎたことをいろいろ言っても、何も変わらない。
今できることをどうするか。次の展開をどうするか。そこの集中する。

相手がどうだった。まわりがどうだったから、事が成就しなかった。というのが言いわけ。
それがどんなに理不尽なことでも、何も言わない。言えば言いわけになります。

自分に何ができたか。できるはずだったのに、何故できなかった。そう考える。

そう考えることで、人は成長する。

部下がひとりでもいる人は、特に意識しましょう。
特に部下のせいにしてはいけません。

どんな事があっても、自分に何ができるのかを考え続ける。決して自分以外に原因を求めない。

そういう姿勢に人はひかれ応援しようと思うものです。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
本物
思うとおりに結果がいかない。想定外のことが発生した。そういう時にあたふたとしない。愚痴も言わない。人のせいにしない。

自分のやれることは、何かを考えベストをつくす。
そして自然に任せる。

そういう人が本物の人物だと思います。
有名無名には関係なく。
大きな仕事をしているとか、役職にも関係なく。

そういう人には、悲愴感よりもユーモアがあります。
そういう人は時間に追われず、余裕があります。
そいういう人は、自分が何でも一番よく知っているとは思いません。いつも謙虚です。
言っていることがややこしくなく、シンプルです。

そして 笑顔です。

本物の人物になりたいですね。
なりたいと思う人たちとチームをつくりたいと思います。

comments (x) || trackback (x) || wrote by 管理者
スペース
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ