役割
苦しいことが次から次への降りかかる。
一難去ってまた一難、息つく暇もない。
どんでもない頼まれ事がやってくる。

そういう時は、こう考えたいですね。

「もっともっと力をつける必要が
あるのだろう。今は見えないけど
何かの役割があり、
その役割がまわって来た時に
それが果たせる力をつけるために
こういう事があるのだろう。」

だからこそ、解決できるし、
乗り越えられるはず。
楽しむことさえ、できるかもしれません。

“憂き事の なおこの上に 積もれかし
限りある身の 力ためさん”

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
COMMENT
この記事へのコメント受付は終了しています。
TRACKBACK
この記事へのトラックバック受付は終了しています。
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ