小善
小善は大悪に似たり、
と稲盛さんは言います。
「今は喜んでくれるけれど、先々に
困ることになるということは
よくあることですよ」という意味です。

与えてばかりだと、与えられなくなった時
相手は生きていくことができなくなる。

小悪は大善に似たり、とも言います。

理不尽に思えたことも、今となっては
そのおかげと感謝できることもある。

部下に対して愛情を持つことは大切です。
愛情を迎合と間違えない上司と
きびしさも愛情だと思える部下、
そういう関係が美しいですね。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
COMMENT
この記事へのコメント受付は終了しています。
TRACKBACK
この記事へのトラックバック受付は終了しています。
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ