選択の自由
刺激と反応の間に選択の自由がある。
人に与えられた最大の自由は選択である。
何があろうと傷つくことはあり得ない。
自分が傷つくことを選ばない限り。

多くの人が同じことを言っています。

選択の自由を使うには、意志、客観性、
想像力、良心が必要です。

それぞれ人は持っている要素でもあります。

意志、どうしたいのか。
客観性、多面的に見るとどんな見かたがあるのか。
想像力、どういう選択をするとどうなるのか。
良心、いいと思うのか。

刺激があったとき、少しの時間人しか持っていない
4つの能力を使って自分で「反応」を選択しましょう。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
COMMENT
この記事へのコメント受付は終了しています。
TRACKBACK
この記事へのトラックバック受付は終了しています。
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ