いいわけ
いいわけをする人は、原因を自分の外に
見つけるクセのある人です。
クセですから、自覚がない時が多いです。

ミスをしたり、注意を受けた時に
まず素直に「申しわけありません」と
言うこと。

自分がコントロールできることで
何をすれば良かったか
具体的に考えること。

どういう状況だったか説明しようと
思う前に、それは誰かのせいにしていないか
よく考えること。

少なくとも、時間がない、忙しいという
言葉を出さないこと。

いいわけをしていない、と思っている人は
これらを心がけてください。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
1つ1つ
たくさんの問題が
同時に発生することがあります。
それでも解決できるのは
1つ1つです。

敵がたくさん攻めて来た、
というイメージです。
たくさん来たら、1人1人しか
通れないところへ誘い込む。
そして1対1の戦いにしてしまう。

宮本武蔵の戦い方ですね。

問題は1つ1つ解決していく。
大きな問題は、小さな問題に
分解して解決していく。

そうすると「いっぱいいっぱい」には
なりにくいですよ。

問題は1つ1つ解決していきましょう。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
大丈夫理論
どんな事が起きてもうまくいくために
それは起きている。だから大丈夫。

それが大丈夫理論です。

大丈夫と思うことで、どういうストーリーが
展開されると大丈夫になるのかを
脳が勝手に考えてくれますよ。

どうすればいいんだろうと思う前に
大丈夫と思うこと。
予想外の大変な事が起きたら
「これで物語はますますおもしろくなるな」
と思うこと。

打つ手は無限、策はいくらでもあるものです。

大丈夫と思うことで、
それが見つかりやすくなりますよ。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
ご縁経営
戦略というより、
ご縁を大切に経営しています。
損得を計算するより、そちらの方が
結果としてうまくいっています。

タイミングとご縁。
もちろんお金の計算は必要ですが、
どうもそれは後からで良い様です。

だから、良いご縁をいただける様に
心がけておく。

と言うよりは、普通に原則にそって
経営していく、人に接していく
ということでしょう。

人としてどうなのか、良心に反していないか、
私利私欲が優先していないか、
より多くの人のためになりそうか。

そういう問いかけをしつつ歩んでいくと
時として良いご縁をいただけると思います。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
役割
苦しいことが次から次への降りかかる。
一難去ってまた一難、息つく暇もない。
どんでもない頼まれ事がやってくる。

そういう時は、こう考えたいですね。

「もっともっと力をつける必要が
あるのだろう。今は見えないけど
何かの役割があり、
その役割がまわって来た時に
それが果たせる力をつけるために
こういう事があるのだろう。」

だからこそ、解決できるし、
乗り越えられるはず。
楽しむことさえ、できるかもしれません。

“憂き事の なおこの上に 積もれかし
限りある身の 力ためさん”

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
笑顔
心の状態は顔に出ます。
表情を変えると心にも変化が起きます。

心と体は一体と考えたらいいですね。
ドキッとすれば冷や汗が出るし
言いわけををすれば顔も赤くなり汗もかく。

体の状態を変えると気持ちも変わります。

もやもやしていたら少し走って汗をかくと
いくらか気持ちも軽くなるでしょう。

イライラしたら笑顔をつくってみる。
ジョークのひとつも考えてみる。
笑っていると、おかしくなるものですよ。

今日も一日、笑顔でいきましょう。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
状況説明
ある先輩から、こう言われた時があります。
「最近、状況説明をあまりしなくなったね。
これからどうするかを話すようになったね。」

やさしく言っていますが、きびしく言うと
「こんなに大変なんだ、
これは自分のせいじゃないんだと
ずっと言っていたけど、
少しはこれからどうするか
考え始めたようだな」となります。

この頃から、同じ努力をしても
結果は少しずつ好転してきました。

状況説明しているつもりが、言い訳を
懸命にしている場合が、よくあります。

時々、聞きますね。
「今、何をしゃべっているの?」と。

言いわけをしている間は、
物事は進みません。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
笑い
真面目も大事ですが、笑も大切です。
笑えるのは視点を変えることができるから。

「おしょくじけん」と聞いて
お食事券と思う人もいれば、
汚職事件と思う人もいる。
その違いが笑いを生みます。

お金がなくて、どうしようもない時、
本社の隣の銀行が目に入る。
おお、そうだ。世の中に
お金がないのではない。
あそこには、かなりある。
ただ、たまたまわが社に
ないだけだ、と思う。

笑ってしまいますね。

ユーモアのある人は、
視点を変えるのが上手な人です。
ピンチにチャンスを見つけられる人です。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
幸せ
認められること。必要とされること。
ほめられること。

それが幸せ。

その幸せは、仕事を通じて
感じることができます。
それが、やりがいにもなります。

お互いに認めること。
いないと困ることを伝えること。
ありがとうを言うこと。

こういう風土があれば幸せ感があり、
居心地の良い職場になるでしょう。

上司が部下が、ではなく全員が。

足りないところ、できないところだけに
目を向けることなく、
やれていることを見つけていきたいですね。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
やりがい
やりがいとは、やったあとに感じるもの。
やっている最中は無我夢中、
あるいはつらいと感じて
やりがいどころではないかもしれません。

やったあとに誰かに喜んでもらえたり、
達成感を感じたりする。

それが、やりがいになるのでしょう。

ならば、やっていないのに
「その仕事はやりがいを感じない」という
言い方は、おかしくなりますね。

人に喜んでもらえたり、役に立つことを考え
仕事に取り組むと、おのずとやりがいは
感じられるでしょう。

目の前のことに全力で取り組みましょう。
やりがいは、その先にあります。

comments (0) || trackback (0) || wrote by 管理者
|| PAGEBACK || PAGE▲UP || TOP ||
カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ